マンガノココロ

漫画レビューサイトです。ジャンプ、マガジン、サンデー、アフタヌーン、コミックビームetc…たくさんの雑誌感想もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)このエントリーをはてなブックマークに追加

読了漫画感想 2011年9月26日~10月2日(2/7)  

預言者ピッピ(2)預言者ピッピ(2)
地下沢 中也

イースト・プレス 2011-10-20

Amazonで詳しく見る

ついに、ついについについに発売です。この時をどんなに待ちわびたことか…。

何年か前に当ブログで絶賛した作品の続巻です。雑誌自体が何年も前に休刊してしまったので完結は諦めていたんですが…。まさか本当に発売されるとは。これはみんなに読んで欲しいです。



週刊少年マガジン 44号
「アゲイン!!」久保ミツロウ
鈴木編決着。フラれて辛いとか辞めたいとか口にしながらも、金一郎に励まされたことで野球を続けることを決意した鈴木がなんだかカッコイイ。友情が未来を変えたって展開が何気に熱い。



週刊少年サンデー 44号
「名探偵コナン」青山剛昌
久しぶりに読んだら婦警さんが結構可愛くてちょっと驚いた。最近の新キャラなんでしょうか。ここ何年も読んでないんで分からんのですが、何だかんだで色々と変化しているんだなぁ。

「はじめてのあく」藤木俊
なんだか最近バトル展開が増えてきた。決して悪い展開ではないんだけど、この漫画は(というかこの作家さんは)どちらかと言うと日常パートのほうが面白いんで複雑っちゃあ複雑なところ。まあメリハリは付きますけどね。



スーパージャンプ 20号
11月に創刊されるグランドジャンプの詳細が発表。やはり『ゼロ』は終わりみたいですね。まあこれ以上続けたらもう本当に終わりどころが無いし、ここらが妥当といえば妥当か。
あと、グランドジャンプとは別に月刊誌も創刊されるみたいで、そっちの情報も気になるところ。グランドジャンプへ移籍しきれなかった作品が中心になるのかな?

「ももそら」イトカツ
なんとなく『よつばと!』っぽい空気感漂う漫画ですが、単行本でまとめて読むと素直に癒されてしまいそうな作品。グランドジャンプには移籍しないみたいだけど、とりあえず単行本は11月に出るみたいで安心した。
[ 2011/10/04 00:00 ] 読了漫画感想2011 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
その他オススメ
ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る
この映画は絶対にオススメはしません。あくまで「紹介」に留めます。なぜならこの映画は意図的に観客に不安感や嫌悪感を抱かせるように作られており、観たことを後悔する人がかなり多いと思うので。観ると確実に不快な気分にさせられます。私も劇場で観た時はもの凄く落ち込みましたし、すごく不安な気分にさせられました。でも同時に「これは大傑作だ!」という確信もありました。エンタテインメントに於ける『暴力』表現の本質とは何なのか。この映画を観ると『暴力』の表現に対する価値観が変わります。それだけこの映画の内容自体は震え上がるほど怖く、心底胸糞が悪くなるストーリーなので二度と観たくないと本気で思うかもしれません。しかし、紛れも無い大傑作だと私は思います。

鑑賞した当時、この映画の記事を作っているのでそれも併せて紹介します。
映画「ファニーゲームU.S.A」


ファニーゲーム [DVD]ファニーゲーム [DVD]
(2009/06/26)
スザンヌ・ローターウルリヒ・ミューエ

商品詳細を見る
「ファニーゲームU.S.A」のリメイク前の作品(「ファニーゲームU.S.A」はミヒャエル・ハケネ監督のセルフリメイク作品)。ずっと絶版されていてプレミアもかなり付いていたけど、「ファニーゲームU.S.A」のDVD発売を期に再販。「ファニーゲームU.S.A」との相違点は基本的にはキャスティングと舞台のみで、脚本もカメラワークもセリフも同じ。同じ内容のものをリメイクする必要あるのか?って思う人もいるでしょうが、その必要性も価値も理由もあります。こう言うと商売みたいですが、この機会を逃すといつ手に入るか分からないので後悔しないうちに買ったほうがよろしいかと。
過去のその他オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。