マンガノココロ

漫画レビューサイトです。ジャンプ、マガジン、サンデー、アフタヌーン、コミックビームetc…たくさんの雑誌感想もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)このエントリーをはてなブックマークに追加

読了漫画 

もうすぐ次号が発売してしまいますが…。

週刊少年ジャンプ №41
「保健室の死神」 藍本松
「MUDDY」 を連載していた藍本松の新連載。タイトル通りの内容で、保健室の先生がなんだかおどろおどろしい雰囲気を纏っていて名前も派出須(はです)先生なんていう、いかにも死神チックなネーミング。お話としては生徒たちの心の迷いに付け込んで操る『病魔』をハデス先生が退治するというもの。絵は前作同様にかなりうまく、かつ特徴的。舞台が学校ってことで読者も前作より喰いつき易くしている。全体的な印象としては「MUDDY」 の時もそうだったけど、決してつまらなくはないけど地味さが目立つかなぁといったところ。あと病魔との対峙はアッサリと終わらせているけど、今後バトルへテコ入れしてしまいそうな…。無理にバトルする必要がないからアッサリと処理させているんだろうけど、いざというときの為にバトルへの伏線にもなっているのかなと思う。

「ONEPEACE」 尾田栄一郎
いよいよルフィ登場。世界大戦のど真ん中に乱入をかます、と。さすが主人公。スケールが違うぜ。いやはや、本当にどうなっちゃんでしょう…と、気になりまくるところなのに次週は休載。勘弁して欲しいなぁと思う。

「あねどきっ」 河下水希
なつきの妹・ちあきが登場。そしてその妹も一緒に住むことに。なつきのようなフェロモン全開のような娘ではないけど、その代わりツンツンしていてツンデレ的要素を供給してくれそうなキャラ。というわけでお色気漫画に更にお色気要素が増えた。いいことだとは思うんだけどタイミング的にはまだ時期尚早な気はする。しかし、この姉妹の両親の放任主義は神がかってますな。
ビッグコミックスピリッツ №41
「バンビ~ノ!SECONDO」 せきやてつじ
あの夢が現実だったらなぁ…。まあ土屋が嫌な奴だとはいえ、好き勝手やらされているバンビの方に責任はあると思うけど。で、そんなタイミングに「店を救ってくれ」とホールで接客を言い渡されるバンビ。厨房では土屋がやり放題で、ホールでは人手不足。負の連鎖が止まらない様子はスリリングで何だかんだでいい感じです。羽山さんが死んだのはまあ……見事にスッパリとスルーされっちゃってますけどね…。

「セルフ」 朔ユキ蔵
主人公の彼女が暴走。エッチがしたくてでもさせてくれない姿はなんだかかわいいけど、その反動とはいえここまでしなくても…。毎度毎度この彼女は狂ってますなぁ。
[ 2009/09/12 19:58 ] 読了漫画感想2009 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
その他オススメ
ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る
この映画は絶対にオススメはしません。あくまで「紹介」に留めます。なぜならこの映画は意図的に観客に不安感や嫌悪感を抱かせるように作られており、観たことを後悔する人がかなり多いと思うので。観ると確実に不快な気分にさせられます。私も劇場で観た時はもの凄く落ち込みましたし、すごく不安な気分にさせられました。でも同時に「これは大傑作だ!」という確信もありました。エンタテインメントに於ける『暴力』表現の本質とは何なのか。この映画を観ると『暴力』の表現に対する価値観が変わります。それだけこの映画の内容自体は震え上がるほど怖く、心底胸糞が悪くなるストーリーなので二度と観たくないと本気で思うかもしれません。しかし、紛れも無い大傑作だと私は思います。

鑑賞した当時、この映画の記事を作っているのでそれも併せて紹介します。
映画「ファニーゲームU.S.A」


ファニーゲーム [DVD]ファニーゲーム [DVD]
(2009/06/26)
スザンヌ・ローターウルリヒ・ミューエ

商品詳細を見る
「ファニーゲームU.S.A」のリメイク前の作品(「ファニーゲームU.S.A」はミヒャエル・ハケネ監督のセルフリメイク作品)。ずっと絶版されていてプレミアもかなり付いていたけど、「ファニーゲームU.S.A」のDVD発売を期に再販。「ファニーゲームU.S.A」との相違点は基本的にはキャスティングと舞台のみで、脚本もカメラワークもセリフも同じ。同じ内容のものをリメイクする必要あるのか?って思う人もいるでしょうが、その必要性も価値も理由もあります。こう言うと商売みたいですが、この機会を逃すといつ手に入るか分からないので後悔しないうちに買ったほうがよろしいかと。
過去のその他オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。