マンガノココロ

漫画レビューサイトです。ジャンプ、マガジン、サンデー、アフタヌーン、コミックビームetc…たくさんの雑誌感想もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)このエントリーをはてなブックマークに追加

読了漫画 

増刊ヤングガンガン ?5
「迷宮日和」(吉冨昭仁)。今回のヤンガン増刊号で一番の収穫だったのがこれ。4人の少女達が「宝の地図」に描かれた宝を探しにいく…というただそれだけの内容。終始ほのぼのとしていて、別にどこか盛り上がるシーンがあると言えばハッキリ言って無いんですが、個人的に注目だったのが世界観。この4人以外、人が住んでいる様子がないんですよね。人間はこの4人以外誰も登場しないし、更に背景には数々の集合住宅が描かれているけど洗濯物ひとつ見当たらない。4人のやりとりは実にほのぼのとしているけど、読んでいる印象としては同時にどこか寂しさや儚さ、虚無感を感じられなくもない。で、謎なのがカンガルー。桜までつれて行って、その後出口まで案内したんでしょうがその意図が不明。一体、このカンガルーは何だったのか。
とまあ、そんな感じで数々の謎がぶち込まれているこの作品。表面上は単純にほのぼのとしているけど、それだけではないような気もするし、それだけな気もする。二面性があるようなないような、ともかくミステリアスな要素があることは確かで、そこにぐっと来た。

「ヴァンパイア・ウイング」(塩野干支朗次)。本誌で「ユーベルブラッド」を描いている塩野干支朗次のギャグ読切。「ユーベルブラッド」しか読んでない人には想像が付かないかもしれないけど、実はこの人、ギャグも描ける。しかもそっちの方がずっと面白い。「ブロッケンブラッド」というギャグ漫画を描いているので、興味のある人は読んでみませう。まあ今回の読切は少々勢いが無いかなぁという気もするけど、なかなかドタバタとしていてまずまず。仮に連載すれば、このヴァンパイのキャラが掘り下げられていって面白くなりそうな印象。まあ連載するかどうかは不明ですが。
ヤングガンガン ?4
「すもももももも」(大高忍)。最終回。実はこの漫画を読むためにヤンガンの購読を始めたんですよね。当時はかなりハマってまして、立ち読みだけでは我慢できなく購読を始めました(創刊して間もない頃したが)。そんなわけで終わってしまうのは少々寂しい。中だるみというか途中どうなるのかなぁと不安になったりもしたけど、終わってみれば無理な引き伸ばしもあまり無く、むしろ潔い幕切れだったかなと。
創刊当初はこの漫画がヤングガンガンを引っ張っていたけど、今やアニメ化した作品なんて何作もあるし、雑誌として随分安定してきた。創刊しては潰れていく雑誌不況の中、数少ない成功例がこのヤングガンガンだと思う。そういった成功にかなり貢献していたのではないかなと思います。次回作はどうなるか分からないけど、まずは期待したいところ。

[ 2009/02/12 00:00 ] 読了漫画感想2009 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
その他オススメ
ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る
この映画は絶対にオススメはしません。あくまで「紹介」に留めます。なぜならこの映画は意図的に観客に不安感や嫌悪感を抱かせるように作られており、観たことを後悔する人がかなり多いと思うので。観ると確実に不快な気分にさせられます。私も劇場で観た時はもの凄く落ち込みましたし、すごく不安な気分にさせられました。でも同時に「これは大傑作だ!」という確信もありました。エンタテインメントに於ける『暴力』表現の本質とは何なのか。この映画を観ると『暴力』の表現に対する価値観が変わります。それだけこの映画の内容自体は震え上がるほど怖く、心底胸糞が悪くなるストーリーなので二度と観たくないと本気で思うかもしれません。しかし、紛れも無い大傑作だと私は思います。

鑑賞した当時、この映画の記事を作っているのでそれも併せて紹介します。
映画「ファニーゲームU.S.A」


ファニーゲーム [DVD]ファニーゲーム [DVD]
(2009/06/26)
スザンヌ・ローターウルリヒ・ミューエ

商品詳細を見る
「ファニーゲームU.S.A」のリメイク前の作品(「ファニーゲームU.S.A」はミヒャエル・ハケネ監督のセルフリメイク作品)。ずっと絶版されていてプレミアもかなり付いていたけど、「ファニーゲームU.S.A」のDVD発売を期に再販。「ファニーゲームU.S.A」との相違点は基本的にはキャスティングと舞台のみで、脚本もカメラワークもセリフも同じ。同じ内容のものをリメイクする必要あるのか?って思う人もいるでしょうが、その必要性も価値も理由もあります。こう言うと商売みたいですが、この機会を逃すといつ手に入るか分からないので後悔しないうちに買ったほうがよろしいかと。
過去のその他オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。