マンガノココロ

漫画レビューサイトです。ジャンプ、マガジン、サンデー、アフタヌーン、コミックビームetc…たくさんの雑誌感想もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)このエントリーをはてなブックマークに追加

【雑記】凄すぎて泣けてきた。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観てきました。

いや~、すごいすごい。これは予想以上にすごかった。
あまりにも凄すぎて涙が出てきた。その位すごい。

本当なら雑誌感想の記事を先に仕上げるべきなんでしょうが、あまりにもヱヴァが凄すぎてそのままの勢いで記事作ってます。というか、どうしてもこの余韻に浸った状態で記事を残したい気持ちでいっぱいなんですよ。完全にエゴですがそれだけ新劇場版が凄かったってことです。
あとどうでもいいですが、今エヴァのサントラ聞きながら記事作ってます。

では何がそんなに凄いのか。
まず作画。完全にアニメ版よりバージョンアップしてて、安定してクオリティ高し。まあこれは映画とTVアニメの差とも言えるかもしれませんが、とにかくアニメ版のクオリティは完全に超えてることは間違いありません。

次に使徒。これもTVアニメ版超えてます。具体的にどの辺が超えてるかというと、「怪物性」ですかね。なんかもう、とにかく強そうなんですよ。特にラミエル(ひし形の青い奴)はその最たるもので、あのビームの強さはトラウマもの。アニメ観てるんで確実に勝つってことはわかってるんですが、それでも思ってしまう。勝てる気がしない、と。例によってシンジはエヴァに乗りたがらない訳ですが、「そりゃあ、あんな目に遭えばねぇ…」とか同情してしまうほど迫力のある強さ。そのくらいバージョンアップして使徒は帰ってきた。当たり前ですが、敵が強ければそれだけ盛り上がります。バージョンアップってのはつまりそういうことです。

で、やっぱり一番凄かったのが演出。元々、庵野監督は演出が上手いことで有名でアニメ版エヴァの演出効果も非常に高評価だったんですが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』では更にそれを超えてきやがった。その演出効果の破壊力や否や、一時間半アドレナリン出し放っしで目をギンギンに見開いて観てしまうほど。構図はもちろんですが、「間」の使い方と緩急の付け方、それらにマッチした音と音楽によるシンクロ演出。全てが素晴らしい。特にヤシマ作戦の盛り上がりは異常。TVアニメ版でもかなり評価の高いヤシマ作戦ですが、それを完全に超えちゃってます。とにかく演出が凄いので大画面大音量の劇場で是非。正直、DVDじゃ生ぬるいと思う。

あと次回予告がスゴイ。これから観る人は絶対にエンドロールが終わるまで席を立たないように。本当にスゴイ次回予告ですよ。必見。

それにしても庵野監督にはプレッシャーというものがないんですかね。
『あのエヴァ』のリメイクを作るって事はとんでもないプレッシャーがかかるはずだし、そうじゃなくてもあれだけ完成度の高い、高すぎる作品のファンを納得させるのは容易じゃない。というか、正直不可能だと思ってました。

だからハッキリ言って、観る前は楽しみにはしてたけどあんまり期待はしてなかったんですよね。だって、続編とかリメイクってコケることが非常に多いし、それは評価や人気が高いほど高確率でコケるから。何故コケるのかというと、前作が素晴らしすぎてそのハードルを越えられないからに他なりません。

でも蓋を開けてみれば何のその。色々な掲示板やサイト・ブログなどを見てみても、少なくとも自分が見た限りはどこも『良かった』と評価してるじゃないですか。もちろん自分もその一人。「良かった」どころか、「さすが庵野!おれたちに出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれるあこがれるゥ!」という感じです。ジョジョネタ使ってる場合じゃないですが、もうそれくらい凄いってことです。

という訳でなんかもう、とにかく色々とスゴイです。90分間本当に圧倒されっぱなしで、それだけで涙が出てきた。いや、冗談とかじゃなくてマジですよ。というか実は開始30秒で涙が出そうになった俺。あの『エヴァ』が本当に復活している!という感動で速攻ノックアウト。もっと正直に言ってしまえば、映画が始まる前のエヴァグッズCMの時点でなんか色々と熱くなってた。流石に「アホか俺」と思ったが、いかにこの映画を楽しみにしてたか・いかにエヴァが好きなのかが自覚できた瞬間でもあった。

今日までエヴァが好きで本当によかった。
リアルタイムで劇場で観れて幸せです。
次回作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』も期待してます。
[ 2007/09/08 04:30 ] 未分類(雑記) | TB(0) | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加
本当に今回の劇場版は全て凄かったですね。
私の周りの人は2回目を観にいくっていう人ばかりです。
もちろん私ももう1度観にいくつもりなのですが、
あの次回予告を今度はしっかり目に焼き付けて帰ってこようと思います。
[ 2007/09/08 16:34 ] [ 編集 ]
前回と同様の内容が多いにも関わらず、見入ってしまいました。
ラミエルが可哀相に思えましたね。
今回はより、碇シンジの視点で物語を観る事が出来たような気がします。
音楽も作品にあっていて感動。でも、何より次回予告の『サービス、サービス』には涙が出そうになりました。
[ 2007/09/08 19:15 ] [ 編集 ]
>えびちりこさん
本当に凄かったですね、あれは。私ももう一度観にいくつもりです。
なにやらリメイクであってリメイクじゃないみたいな感じがあるので、その辺も確かめたいですし。
あと、えびちりこさんのヱヴァ感想も読みましたよ。
記事作成に困るほど感想が似すぎて正直焦りました(笑)

>悠ことはるかさん
私も色々泣きそうになっちゃいましたね。
あのシーンやこのシーンがワンランク上のクオリティで蘇っているっていうだけで素直に感動してしまいました。
[ 2007/09/09 17:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
その他オススメ
ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る
この映画は絶対にオススメはしません。あくまで「紹介」に留めます。なぜならこの映画は意図的に観客に不安感や嫌悪感を抱かせるように作られており、観たことを後悔する人がかなり多いと思うので。観ると確実に不快な気分にさせられます。私も劇場で観た時はもの凄く落ち込みましたし、すごく不安な気分にさせられました。でも同時に「これは大傑作だ!」という確信もありました。エンタテインメントに於ける『暴力』表現の本質とは何なのか。この映画を観ると『暴力』の表現に対する価値観が変わります。それだけこの映画の内容自体は震え上がるほど怖く、心底胸糞が悪くなるストーリーなので二度と観たくないと本気で思うかもしれません。しかし、紛れも無い大傑作だと私は思います。

鑑賞した当時、この映画の記事を作っているのでそれも併せて紹介します。
映画「ファニーゲームU.S.A」


ファニーゲーム [DVD]ファニーゲーム [DVD]
(2009/06/26)
スザンヌ・ローターウルリヒ・ミューエ

商品詳細を見る
「ファニーゲームU.S.A」のリメイク前の作品(「ファニーゲームU.S.A」はミヒャエル・ハケネ監督のセルフリメイク作品)。ずっと絶版されていてプレミアもかなり付いていたけど、「ファニーゲームU.S.A」のDVD発売を期に再販。「ファニーゲームU.S.A」との相違点は基本的にはキャスティングと舞台のみで、脚本もカメラワークもセリフも同じ。同じ内容のものをリメイクする必要あるのか?って思う人もいるでしょうが、その必要性も価値も理由もあります。こう言うと商売みたいですが、この機会を逃すといつ手に入るか分からないので後悔しないうちに買ったほうがよろしいかと。
過去のその他オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。