マンガノココロ

漫画レビューサイトです。ジャンプ、マガジン、サンデー、アフタヌーン、コミックビームetc…たくさんの雑誌感想もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)このエントリーをはてなブックマークに追加

読了漫画感想 2011年11月5日~11月18日(5/7) 

まりかセヴン(1) (アクションコミックス)まりかセヴン(1) (アクションコミックス)
伊藤 伸平

双葉社

Amazonで詳しく見る by AZlink

どこからやって来たんだが、いきなり日本へ怪獣が襲来。ワーワー人々が逃げ惑う中、女子高生である主人公が『まりかセヴン』へ変身して怪獣を倒していく…というまあそんな女子高生が主人公のヒーロー漫画。

まりかは普通の女子高生なんだけど、宇宙人に取り憑かれ、その宇宙人がまりかの体を借りて変身して怪獣を倒すという設定。なので宇宙人と会話もするし、ケンカもする。設定的には漫画で言うとラッキーマンなんかと同じ感じでしょうか。

容姿はともかく、心は普通の女子高生のまま怪獣と戦うってのが実に楽しいです。「何これ!?なんで変身してるの私!!?」という戸惑いを隠し切れないまま、キャーキャー騒ぎながら怪獣を倒すし、虫型の怪獣が現れれば「虫はイヤー」なんて女の子らしい拒絶反応をしたりなど、本当に女の子が女の子らしく怪獣を倒していく様子が完全にこれまでのヒーローモノと一線を画していて楽しい。

あと、まりかセヴンの容姿もおさげのままだったりと、容姿も性格もヒーローとしてかなりユニークな描かれ方をしている。基本的にはコミカルに展開していくんだけど、怪獣自体はかなりガチに怪獣らしく描かれていて、そのギャップもまた良い感じにコミカルさを際だたせるのに一役買っている。

良くある熱血ヒーローモノとは一線を画しているこの作品。結構リアルにオススメ。


アイドルマスター2Colorful Days 1 (電撃コミックス)アイドルマスター2Colorful Days 1 (電撃コミックス)
バンダイナムコゲームス,しゅー

アスキー・メディアワークス

Amazonで詳しく見る by AZlink

アイマス2準規の単行本が発売。アイマス2発売ってことでアイマス2準規のコミカライズも新たにスタートしたというわけです。この作品を含めて3作品が新たに連載が始まり、他2作も順次発売される模様。あと、アイマス2準拠なんで竜宮小町なんかも登場していますが、今のところジュピターの出番は無し。個人的にはジュピター大歓迎だけど、まあやっぱり扱いは慎重にならざるを得ないか。

で、内容の方は各アイドルたちのアイドル活動や日常を描いたオムニバス形式。特別絵がうまいってわけじゃないけど、これまでのアイマス漫画の中では結構上手い方。あと表紙のやよいが良く描けているけど、漫画本編でもやよいは作画的にもキャラ的にもしっかりと描かれている。この作者はやよいが好きなのかな…?

ドタバタとした様子はアイマスらしいし、メディアミックス作品としてはまずまずの仕上がりと言って良さそう。


ZETMAN 16 (ヤングジャンプコミックス)ZETMAN 16 (ヤングジャンプコミックス)
桂 正和

集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink

アニメ化決定。構成が良くまとまっていれば結構面白くなりそうな気がする。

16巻では引き続きアマギコーポレーションでG3を相手にジンと高雅が人々を助けながら戦う、と。展開的には結構山場で盛り上がるべきポイントなんだろうけど、一話一話の展開が遅くてそこまでノリ切れないかなーってのが正直なところ。とは言え、殆ど不定期で掲載されている雑誌で読むよりは大分面白く読める。
[ 2011/11/25 00:00 ] 読了漫画感想2011 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
その他オススメ
ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る
この映画は絶対にオススメはしません。あくまで「紹介」に留めます。なぜならこの映画は意図的に観客に不安感や嫌悪感を抱かせるように作られており、観たことを後悔する人がかなり多いと思うので。観ると確実に不快な気分にさせられます。私も劇場で観た時はもの凄く落ち込みましたし、すごく不安な気分にさせられました。でも同時に「これは大傑作だ!」という確信もありました。エンタテインメントに於ける『暴力』表現の本質とは何なのか。この映画を観ると『暴力』の表現に対する価値観が変わります。それだけこの映画の内容自体は震え上がるほど怖く、心底胸糞が悪くなるストーリーなので二度と観たくないと本気で思うかもしれません。しかし、紛れも無い大傑作だと私は思います。

鑑賞した当時、この映画の記事を作っているのでそれも併せて紹介します。
映画「ファニーゲームU.S.A」


ファニーゲーム [DVD]ファニーゲーム [DVD]
(2009/06/26)
スザンヌ・ローターウルリヒ・ミューエ

商品詳細を見る
「ファニーゲームU.S.A」のリメイク前の作品(「ファニーゲームU.S.A」はミヒャエル・ハケネ監督のセルフリメイク作品)。ずっと絶版されていてプレミアもかなり付いていたけど、「ファニーゲームU.S.A」のDVD発売を期に再販。「ファニーゲームU.S.A」との相違点は基本的にはキャスティングと舞台のみで、脚本もカメラワークもセリフも同じ。同じ内容のものをリメイクする必要あるのか?って思う人もいるでしょうが、その必要性も価値も理由もあります。こう言うと商売みたいですが、この機会を逃すといつ手に入るか分からないので後悔しないうちに買ったほうがよろしいかと。
過去のその他オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。