マンガノココロ

漫画レビューサイトです。ジャンプ、マガジン、サンデー、アフタヌーン、コミックビームetc…たくさんの雑誌感想もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)このエントリーをはてなブックマークに追加

読了漫画感想 2011年10月28日~11月4日(7/7)  

少年ノート(2) (モーニングKC)少年ノート(2) (モーニングKC)
鎌谷 悠希

講談社

Amazonで詳しく見る

2巻では合唱部部長の秋年が中心に描かれている。自分の可能性を周りに決められてしまい、イライラしつつ殻に篭ってしまう秋年。周りに支えられつつも自身の孤独と向かい合い…。

秋年の孤独が描かれるわけだど、個人的にはその演出が面白かった。孤独な秋年にとって部員は宇宙人で、その歌声が光線のように秋年へ襲いかかったり、嫌いな顧問へ意見を求める部員を前に、何故あんな奴に助けを求めるのか理解出来ない秋年は一人ブラックホールのようなモノに吸い込まれていく。と言った感じに宇宙をベースにした心理描写の演出がユニークで面白い。

お話的にも秋年が部員に心を許していく様子が丁寧に描かれているし、秋年が孤独を乗り越えたことでみんなと一つの歌声が産まれていく様子も、徐々にボルテージが上げつつ終盤は綺麗にまとまっていて良い感じ。


おれはキャプテン(27) (少年マガジンコミックス)おれはキャプテン(27) (少年マガジンコミックス)
コージィ 城倉

講談社

Amazonで詳しく見る

西東京地区大会が開幕。と言ってもカズフサ率いる朋王学園の試合はこの巻では描かれず、美波里対東香西戦が中心に描かれる。

完全に投手戦になっているけど、お互い隠し玉的なモノを用意していて主人公たちは殆ど絡んでいないのに意外なほど盛り上がりを見せる。絵的には上手くはないものの、野球自体は実に本格的で、でも斜め上で面白いと思います。


バクマン。 15 (ジャンプコミックス)バクマン。 15 (ジャンプコミックス)
小畑 健,大場 つぐみ

集英社

Amazonで詳しく見る

この巻では七峰とのバトルが決着。この漫画は熱血路線で行っているものの、明確な『敵』を作りにくいジャンルなだけに、ライバルではなく七峰というハッキリとした敵が現れたのは実においしく意味のあるキャラだった。

あまり多用できるキャラではないかもしれないけど、今後もちょくちょく出て欲しいもんです。
[ 2011/11/13 00:00 ] 読了漫画感想2011 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
その他オススメ
ファニーゲームU.S.A. [DVD]ファニーゲームU.S.A. [DVD]
(2009/06/26)
ナオミ・ワッツティム・ロス

商品詳細を見る
この映画は絶対にオススメはしません。あくまで「紹介」に留めます。なぜならこの映画は意図的に観客に不安感や嫌悪感を抱かせるように作られており、観たことを後悔する人がかなり多いと思うので。観ると確実に不快な気分にさせられます。私も劇場で観た時はもの凄く落ち込みましたし、すごく不安な気分にさせられました。でも同時に「これは大傑作だ!」という確信もありました。エンタテインメントに於ける『暴力』表現の本質とは何なのか。この映画を観ると『暴力』の表現に対する価値観が変わります。それだけこの映画の内容自体は震え上がるほど怖く、心底胸糞が悪くなるストーリーなので二度と観たくないと本気で思うかもしれません。しかし、紛れも無い大傑作だと私は思います。

鑑賞した当時、この映画の記事を作っているのでそれも併せて紹介します。
映画「ファニーゲームU.S.A」


ファニーゲーム [DVD]ファニーゲーム [DVD]
(2009/06/26)
スザンヌ・ローターウルリヒ・ミューエ

商品詳細を見る
「ファニーゲームU.S.A」のリメイク前の作品(「ファニーゲームU.S.A」はミヒャエル・ハケネ監督のセルフリメイク作品)。ずっと絶版されていてプレミアもかなり付いていたけど、「ファニーゲームU.S.A」のDVD発売を期に再販。「ファニーゲームU.S.A」との相違点は基本的にはキャスティングと舞台のみで、脚本もカメラワークもセリフも同じ。同じ内容のものをリメイクする必要あるのか?って思う人もいるでしょうが、その必要性も価値も理由もあります。こう言うと商売みたいですが、この機会を逃すといつ手に入るか分からないので後悔しないうちに買ったほうがよろしいかと。
過去のその他オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。